注目の記事

  • 滞納する前に

    住宅ローンを滞納する前に、返済プランをしっかりと確認することが大切です。特に住宅ローンは数十年も続くものなので、長期で計画を建てなければいけません。それこそが滞納を防ぐ最大の対策です。

    READ MORE
  • 住宅ローンを借りる際

    住宅ローンを借りる際には、各種金融機関に相談をすることが大切です。いまでは住宅ローンの返済を専門的に扱うところもあるので、住宅を買う際には滞納を避けるために、専門家と話し合いが必要です。

    READ MORE
  • 競売の流れ

    もし、住宅ローンを滞納してしまい、強制的に競売という形になってしまった時には家を失うまで一通りの流れがあります。ここでは、競売から住宅を失うまでの流れを紹介します。

    READ MORE

滞納を続けると

まず、住宅ローンを滞納すると初めは金融機関からあらゆる形で催促状が届きます。
特にはじめの頃は支払の催促のみの通知ですが、滞納を続けるとあらゆる内容の通知が届くことになります。
一番初めに滞納した際には、金融機関によっては送らないところもありますが、競売予告通知というものが届きます。
この通知は、「滞納分を支払わなければこのままだと住宅が競売にかけられてしまいます」というような内容の通知になります。
金融機関も支払う本人も競売は避けたいので、この通知が届いたらすぐに金融機関へ連絡し、相談することが大切です。
また、連絡期限が設けられている場合もあるので注意が必要です。

住宅ローンを借りる場合、ほとんどの場合が保証委託契約というのを結びます。基本的にこの契約は保証する会社と共に結ぶ契約です。
この契約によって、万が一、ローンの返済が滞納した場合、本人の代わりに保証会社が支払いを立て替えてくれることになります。
この支払のことは代位弁済といいます。滞納した時から3ヶ月から半年以内にこの代位弁済支払予告通知が金融機関から届くことになります。
もし、代位弁済で対応してしまった時は、その後住宅ローンの残りの金額にプラスして利息分を保証会社に一括で支払わなければいけません。
滞納後、この通知が届いた時には、「代位弁済支払予告通知」が届いたら金融機関に連絡し、1ヶ月分でも支払うことが大切です。

競売予告通知や代位弁済予告通知が届いたあと、それでもなお連絡や滞納が続く場合には、喪失通知が届きます。
ここで注意すべきなのが、この通知が来た時にはもう分割払いが不可能になっているということです。
この通知が届くころには、支払者本人は金融機関からすると、分割払いでも滞納し、なおかつ連絡もなく契約に違反したという形になります。
よって最初の通知で提示された期限が差し迫っている場合が多く、余裕がない状態にあります。
滞納後、この通知が届いてしまったら保証会社へ連絡して対応してもらうしかありません。

喪失通知の数日後には代位弁済通知が届き、住宅ローンはすでに保険会社より金融機関へ支払済みの状態にあります。
この通知が届いたあとから、支払者本人は金融機関から保証会社へと支払先が変更されたことになります。
保証会社への支払の場合、住宅ローンの残額と利息分を一括で支払わなければならないため、滞納で返済に苦労しているうえ、更に非常に大変な状態だといえます。
その一ヶ月後には担保不動産競売開始決定通知というものが届きます。これは、保証会社へ一括での支払ができないので裁判にかけるという通知です。
担保不動産競売開始決定通知が届くと住宅が競売にかけられるので、滞納者本人の自由で住宅を売買することは不可能になります。

オススメリンク

  • 住宅ローンが払えないときに読むサイト

    多くの人々が悩まされています。住宅ローンが払えないなら滞納を避けるための方法を知っておきましょう。任意売却という手もありますよ!
  • 日宝

    全力でサポートを行なってくれるので不動産担保ローンの申し込みをするときはサイトを拝見してみるといいです。
  • その日のうちから融資を受けることができます。カードローンは即日に対応しているこちらにしておこう。ネットから申し込めます。

注目の記事