競売の流れ

多くの人にとって、マイホームの購入というのは人生で一番高い買い物になるといわれています。
そのため、金融機関から住宅ローンを借りて購入することが一般的です。
住宅ローンについては、負担する金利について大きく分けて3つのタイプがあります。
1つ目は、返済期間の間が金利が固定された固定金利型になります。
2つ目は、市場の金利動向に応じて金利が変動する変動金利型です。
そして3つ目が両者をミックスした、5年や10年といった一定期間は固定金利で、その後は変動金利に移行するタイプになります。
一般的に変動金利型の方が借入時点での金利は低く、固定金利型の方が高い傾向にあります。
これは、将来の金利変動リスクを借入者が負うことが一番の理由です。

日本にける住宅ローンについては、かつては民間の金融機関はあまり力を入れておらず、公庫によるローンが一般的でした。
しかし、近年では長引く景気低迷による法人の資金需要の減少などもあり、各金融機関も個人向け融資に力を入れるようになってきています。
本来は休業日である土日などに、住宅ローン相談会を開催する銀行なども散見されます。
一方、現在は大胆な金融緩和政策によって歴史的な低金利の状況となっており、金融機関の住宅ローン金利も極めて低金利な状況にあります。
この状況は、借り手の側としては非常に有利な状況であるといえます。
一方、貸し出す側の金融機関側としては、ほとんど利ザヤが稼げない状況であるとも言われています。

注目の記事