住宅ローンを借りる際

マイホームを持つことは働く人にとっては目標の1つですが、大半の人は住宅ローンを組んで購入することになります。
不動産は非常に高価なため現金で買える人はほとんどいません。
なので銀行などの金融機関からお金を借りて長期間返済することになります。
賃貸の場合の家賃とほぼ同じ額を毎月返済しています。
莫大な金額を借りるため支払利子の額も多くなるため、出来るだけ頭金を多く貯めるか繰り上げ返済することで支払利子を抑えることが出来ます。
よくマイホームか賃貸かということが議論されますが、断然マイホームを持つ方がメリットがあります。
ほぼ同じ額の毎月の支払いがある中で、賃貸ですと後に何も残りませんがマイホームだと土地なり家が残ります。

銀行など多くの金融機関で住宅ローンを取扱しています。
またローンは固定金利と変動金利の2つに大きく分けられます。
固定金利はその名の通り金利がずっと変わらないもので将来設計が立てやすいことが売りとなっています。
変動金利は将来金利が変わることがあるものです。
今現在金利が低くても将来上がる可能性があるため生活に影響を与える可能性があります。
この金利の選択により支払利子が大きく変わるため慎重に検討する必要があります。
また住宅ローンには借り換えというものがあり、途中でローンを変更することが出来ます。
この場合、ローンを組む時にかかる諸費用が再び必要となるので支払総額で得となるのか検討してから借り換えすることが大切です。

注目の記事