滞納する前に

一戸建てやマンションを購入するときは、ほとんどの方が金融機関から融資を受けて購入をします。
融資を受けるとなると普通銀行が思い浮かびますが、銀行以外でも融資をしてくれるところもあります。
大きく分けると3つあるのですが、民間融資、公的融資、協調融資です。
民間融資は銀行になります。
公的融資は行政です。
協調融資は、民間と公的の中間にあるようなものです。
銀行であればさまざまなサービスがあります。
店頭窓口ではなくインターネットで申込みをしたほうが人件費がかからないので諸経費がかからず安くなったりもします。
銀行以外にも住宅ローンの専門会社や保険会社でも行っています。
公的融資は、市町村などの制度で融資をしています。

住宅ローンは借金ですので、金利が重要となってきます。
最初に固定金利か変動金利、固定期間選択型を選ぶことになります。
どれがいいということはないのですが、現在の日本の市場の状況であれば固定金利になります。
変動金利と違って市場金利の変動に左右されず、契約開始から完済まで金利が一定ですので返済金額が増えたり減ったいすることがないです。
また、トータルでの返済金額もあらかじめ分かりますので、返済計画が立てやすいメリットがあります。
そして、ボーナス返済や繰り上げ返済をすることで将来発生する利息を軽減させるメリットがあります。
しかし、それもタイミングが重要です。
人生は何も住宅だけではなくこどもの教育や老後などさまざまなお金がかかります。
バランスよくやりくりしていくことです。

注目の記事